国立西洋美術館 気に入りの絵画  (1)

f:id:nasuno_totteoki:20190412170128j:plain

国立西洋美術館 前庭

 

 

f:id:nasuno_totteoki:20190413144159j:plain

ド・ラ・パヌーズ子爵夫人の肖像  レオン・ボナ

 

 

 

f:id:nasuno_totteoki:20190412170317j:plain

アルジェリア風のパリの女たち  オーギュスト・ルノアール

 

 

 

f:id:nasuno_totteoki:20190412170353j:plain

立ち話  カミーユ・ピサロ

 

 

f:id:nasuno_totteoki:20190412170428j:plain

舟遊び  クロード・モネ

 

 

f:id:nasuno_totteoki:20190412170501j:plain

陽を浴びるポプラ並木  クロード・モネ

 

(つづく)

 

 

アシガール・私的(素敵?)覚え書き 最終回 -11-

f:id:nasuno_totteoki:20190329160210j:plain
[ポスター (ワープステーション江戸)]

アシガール・最終回 -11-「若君といつまでも!」


ゆるゆると書きたいだけ書いてきたのに、まだ、とまらない _(._.)_

でもでも、もう少し・・・。


一本目の柱。
忠清や唯には、実際に会うことができない。(妄想は自由にできるが…)


だから「会える目の前の人」、自分のまわりの人をもっと大切にする。

何かの一等賞になるのは難しい。出来ないかも知れない。
しかし、大切な人との間では、互いがかけがえのない人である努力をすることは出来る。そうして「命を全うする」ことができたなら、それが幸せであろう。
そうやって生きていくことが、戦国の世と今の私たちの暮らしを平面で繋いでいると思う。


ムリヤリこじつければ──、大切な人との関係は、みんな「唯と忠清」ではないか。



もうひとつ大切な柱。

徹頭徹尾、平和を貫いている。

戦国の世も現代も、貫き通す平和への願い。


このドラマは、「愛と平和」を高らかに歌っている。

平凡な言葉に見える「愛と平和」。だが決して陳腐ではない。


鮮やかに組み立てられた伏線、時代考証、見事な構成、カメラワーク、音楽、役者、・・・・・・・・・・・。
全てが相まって「愛と平和」の壮大な世界を見せてくれる。


大げさを承知でいうならば………


アシガール」は歴史に残るドラマだ!


 
゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


ひゃ~~! ここまで来るのに10カ月近くもかかった。

これからはスペシャル版へ。


えっ! まさかっ!
まだつづくの !?


はい。そのようです。


(つづく)

 #アシガール #伊藤健太郎 #黒島結菜

 

アシガール・私的(素敵?)覚え書き 最終回 -10-

アシガール・最終回 -10-「若君といつまでも!」


唯の涙を指でぬぐう忠清。

  • 忠清「心得た。許す」
  • 唯「本当に?」
  • 忠清「なればわしは二度と戦のなきよう、力を尽くすのみじゃ」


唯の頬かむりを外す忠清。

  • 忠清「お前を戦場に出すことのないようにのう」


唯の髪を撫でて整える忠清。

  • 忠清「これからは、わしがお前を守る」
  • 唯「若君」


♬ 青く可憐に 咲き乱れる

  ふるさとは遠く 荒れ果てた道で

  助けもなく それでも空をあおぐ ♫


忠清に飛びつく唯。


戦国の世にいて「二度と戦のなきよう、力を尽くす」………



なんて、あり得ない。

戦国武将が戦をしない選択をすることは、ほぼ不可能だ。 でもでも、忠清はそう言いたかった、そう言わざるを得なかった。


結婚するのと、守るのとの二者択一。
唯は「守る」を選んだ。


「結婚しなくてもいい!」と言い切った。 結婚なしで忠清の命を守るためには、唯は忠清の正室や側室(?)をも含めて「守る」ことになる。


そ、そ、それは、ムリムリムリ!!



で、ござろう。

戦国の男・忠清が唯の言葉に応えなくていいはずがない。


「わしがお前を守る」と。



♬ 孤独な夜も 悲しみもあるわ


  だけどもう何も 欲しくはない


  もう誰のご機嫌も とりたくない


  私はワイルドフラワー


  トゲのついてる花


  私はワイルドフラワー


  強い強い花           ♫

 

「ワイルドフラワー」をBGMに

 唯が忠清と初めて会い 

 馬を追い

 忠清の胸に矢が立ち

 合戦の場で気を失い

 煙の中のおんぶ

 走る走る

 雑草を食べる

 蹴飛ばされる

 馬上の二人

 ・・・・


爽やかに明るく叫ぶ唯!

足軽の唯之助がまいりますっ」


 
 


天野家。


𠮷乃が来るのを見て孫四郎と三之助が縁に駆け上がる。

  • 孫四郎・三之助「かか様ぁ!」
  • 孫四郎「あっ、唯之助の脇差しじゃ」
  • 𠮷乃「若君様からお預かりしたのです。大切にしまっておくようにと」


タイムマシンのスイッチがついている脇差しを見せる𠮷乃。

このシーンを撮影したということは、続きがあることを知らせたと思う。 そうでなければ、思わせぶりなタイムマシンは登場しない。


「続編スペシャル版がある」と激しく強く宣告した!


f:id:nasuno_totteoki:20190324094844j:plain

(つづく)
 #アシガール #伊藤健太郎 #黒島結菜

アシガール・私的(素敵?)覚え書き 最終回 -9-



 
f:id:nasuno_totteoki:20181216152830j:plain
 

アシガール・最終回 -9-「若君といつまでも!」


黒羽城。
忠清が一人廊下を行く。

  • 唯「若君」


振り向く忠清。

  • 唯「ここ。ここ、ここ」


庭の物陰で手招きする唯。
足軽の着物に頬かむりをしている。


庭に降りる忠清。

  • 忠清「姫は何をしておいでじゃ?」


忠清の前に正座する唯。

  • 唯「私、どうしても聞いてほしいことがあって」
  • 忠清「いかがした?」
  • 唯「結婚したら、立派な奥方になるよう一生懸命勉強しますし、おとなしくするし、いろいろ束ねたりしますけど。戦のときは一緒に行きますから。結婚に浮かれてうっかりしてたけど、わたしの一番の願いは、若君の命を守りぬくことなんです。結婚するのと、守るのと、どっちかひとつっていうなら、奥方になったら、戦は駄目って言われるなら、わたし、結婚っていう形にはこだわらない」

 

初めてこの回を観たとき、忠清の「姫は何をしておいでじゃ?」に、やられた。
だって「 姫 ♡」って、呼びかけている。

ずっと、互いに互いを何と呼んでいるか、興味を持っていた。

唯 → 若君・若君様・忠清様・兄上(長沢城で兄と偽ったとき)
唯のほうは、バージョンが少ない。圧倒的に「若君」が多い。


忠清 → 唯・お前・小僧・そなた・ふく(ふきと偽ったとき)・唯之助・妹(妹と偽ったとき)・阿湖(阿湖と偽ったとき)

忠清は「お前」と呼ぶのがダントツに多い。「そなた」と言ったときは少しドキドキした。ふたりが、同じ高さにいる感じがしたから。


「姫」と呼ぶのは凄い! 同じ高さを超えて、尊敬が見える。大切さが見える。

実際のこの場面は、監督から「ネコに話しかけるように」と教えられたという。


忠清が、ネコに対し尊敬の念を持ったかは定かではないが。



f:id:nasuno_totteoki:20190319171208j:plain

「砦」 
ワープステーション江戸茨城県つくばみらい市)パンフより


(つづく)

#アシガール #伊藤健太郎 #黒島結菜

「信州プロレスリング」ある日 街道で

f:id:nasuno_totteoki:20190308201533j:plain


信州プロレスリング」の車

  長野を !! 元気に


 すべての子ども達に笑顔を!

 

  安全第一
  台本重視
  入場無料
  雨天検討

 

 

 4文字スローガン(?)が面白い。

 

 

 

アシガール・私的(素敵?)覚え書き 最終回 -8-


 
f:id:nasuno_totteoki:20181216152830j:plain
 

アシガール・最終回 -8-「若君といつまでも!」


黒羽城の廊下を行く忠清と唯。

  • 忠清「案ずるな。わしがお前を娶ると決めたのだ」
  • 唯「若君………。はい。私も若君にふさわしい姫となるため、がんばります」
  • 忠清「幾度でも父上にあたり、必ず説得してみせる」
  • 唯「はい!」


手をつなぎ廊下を歩む二人。


作者も脚本の方も監督も演出の方も・・
「幾度でも父上にあたり、必ず説得…」という忠清の粘り強い行動をどうしても描きたかったと思う。

考えが違うからといって、すぐに諦めず幾度でもあたるという忠清の姿勢。

結果はどうあれ、行動し続けるという力。


そう考えると「ただ、やる」という唯の生き方に似てくる。

第6回で平成に来た忠清と弟の尊が、唯のことで話をする。
尊が唯の行動に対して、「何も考えていないでしょう。お姉ちゃんは…… 姉は、できるかできないかじゃなくて、ただ、やるって人です」

忠清も、ひたすら行動する。それは唯に倣っていると感じられる。


こうして、ひとつひとつがリンクしながら物語が進む。


深い深い縦の糸。


壮大な横の糸。




f:id:nasuno_totteoki:20190301200908j:plain

武家屋敷」 
ワープステーション江戸茨城県つくばみらい市)パンフより

黒羽城城下町はここで撮影された。
城門前の通りを行き交う人々が見えてくる。
 
 
(つづく)

#アシガール #伊藤健太郎 #黒島結菜
 
 

アシガール・私的(素敵?)覚え書き 最終回 -7-


 
f:id:nasuno_totteoki:20181216152830j:plain
 

アシガール・最終回 -7-「若君といつまでも!」


数日後。


忠高の前に忠清と唯、重臣たち。

  • 忠高「唯之助を妻に迎えたいだと?」
  • 忠清「はっ」
  • 信近「恐れながら、唯之助ではございませぬ。名を唯と」

 

  • 唯「唯にございまする」
  • 忠清「唯はわたくしを守るため、ひたすら己の足で駆け、勇をふるい、度々羽木を救ってきた者にございます。この者を娶りますことを、なにとぞお許しいただきたく」

 

  • 千原「しかしながら、こやつはただの百姓の小僧にござる。たとえ側室といえども、そのような者を…」
  • 信近「お忘れのようだが、唯之助は天野の養女にござる」
  • 千原「おお~、後添え殿の連れ子であったのう」

 

  • 信近「それがし、先妻との間に小平太以下、二男一女をもうけてござる。ゆえに後添え、吉乃の一番年長の子は、まぎれもなき、天野家の三男!」
  • 千原「次女ではなく、三男 !? 」
  • 信近「あ! おのれ、無用な揚げ足取りを!」

 
 
忠高も千原も、ここまで「唯を小僧だ」と思っていたなんて! 
なんてことだ。

第1回から、唯はことあるごとに「なんで私が女だってばれないのか」と言っていた。見た目が男の子なのかというと、そうでもない。明確に女の子だと思えるが。
ま、そこがこの物語の醍醐味かもしれない。あり得ないことが起きる。


唯は確かに少年ぽい。忠清も「唯之助は女かな?」と疑い始めるのは、地元の豪士の娘・鐘ヶ江の「ふき」との出会いからだろう。もともとあまりおなごに興味のない( !? )忠清だから。


おなごに興味を抱いたのは、正にふき(=唯)の登場からだと思われる。もちろん、忠清は肉食とはいえ、おなごなら誰でもいいわけではなく、相手を見定めている。




前に進む唯。

  • 唯「恐れながら。わたくしはただ若君さまお一人を愛し守らんと、はるか遠くからやってきたものにございます」


唯の言葉を遮るように忠清。

  • 忠清「側室ではありませぬ。どうか、唯を正室にすることをお許しくださいませ」
  • 忠高「下がれ! 昨日まで三男であった嫁など断じて許すことはできぬ!」
  • 忠清「父上」
  • 忠高「ならぬ。ああ、もう、早う下がれ! 早う!」

  

そういえば、第4回「ドキドキの夜!」で、すでに見定めていた。

忠清の閨の相手に、ふきが差し出された。
部屋に向かうふきを待ち伏せし、でんでん丸で気絶させ、唯が代わりに閨に入り込む。
忠清は、唯を豪士の娘・ふきと思っている。


おなごが気に入らなければ誘わなくてもよい。「下がってよい」と言えば済むこと。

それなのに……。

「わしは休む。ふくも来るか?」と褥に誘い、
「まだわしが怖いか?」と優しく尋ねる。ためらっている唯に、
「まぁ、よい。腹が決まったら参れ」と、判断を唯にまかせる。


18歳の男子が……、だ。
責任なんか取らなくてもよい立場にいるのに……、だ。
相手が自分をどう思っているかなんて関係ないのに……だ。
しかも、この場合おなごの方から頼み込んでやって来たのに……だ。


このときに腹が決まらなかった唯。


それがこの物語を果てしなく素敵なものにしている。




武家屋敷」 
ワープステーション江戸茨城県つくばみらい市)パンフより



(つづく)
 
#アシガール #伊藤健太郎 #黒島結菜

アシガール・私的(素敵?)覚え書き 最終回 -6-



 
f:id:nasuno_totteoki:20181216152830j:plain
 

アシガール・最終回 -6-「若君といつまでも!」

  • 唯「若君!」


唯〈 この人の命、初めて会った時より何倍も何万倍も大事なものになってた 〉


唯の頭を支えて床に寝かせる忠清。


目をとじる唯。


唇を近づける忠清。

  • 源三郎「若君様」


目を開ける唯。

  • 唯「えっ? ええ~っ!」
  • 忠清「何じゃ?」
  • 源三郎「殿が戦の子細を伝えよとお待ちにございます」
  • 忠清「そうか、いま参る」


廊下を行く忠清を、目で追い一礼する唯。

「するする詐欺!」のお時間で~す。



忠清が唯を床に寝かせるシーン。
(オーディオコメンタリーのつづき)


黒島「ここね。いいですね」


伊藤「テストのときに(唇を)近づけるじゃないですか。こうやってここを…。〈 や、もう付くでしょう。やばい! 付く! 〉。でも止まらないから…」


黒島「うん」


伊藤「ちょっと止まっちゃったら、監督が『もう、ちゃんとしっかり “する” くらいの勢いでいって!』。〈 いや、もう付きます 〉と思いながら…」

黒島「(源三郎が)呼び止めるタイミングと、付くか付かないかのね」


キスを「する?」「しない?」は、本当は些細なことに思えて仕方ない。

キスは愛情表現の中のたった一つに過ぎない。

愛は、どんな形をしていてもそれが本物なら伝わる(といいね)。


むしろ、キスをしなかったからこそ激しく高まる心の動きが感じられる……。



といってもさ、ハグはあったし。

キスと同じくハグもなかったら、とてつもなく寂しいだろう。
複雑…。


しかし、お決まりのようにキスをしていたら、この話は成り立たない。キス以外のところで勝負(?)している気がする。

戦国武将になってしまった伊藤健太郎さん。一秒たりとも、戦国を抜け出さない。例え、平成にいても武将でいる。


平成の高校生を演じる黒島結菜さん。全身全霊を捧げた若君への愛。どのシーンにも「唯」がいる、「結菜」はいない。


役者同士のぶつかり合い、高め合いが、キスを超えてふたりの崇高な形を魅せてくれる。


観る者がそれぞれの中で、各々のつづきを創る……。



な~んちって!



甘っちょろいことを夢見るのはいかがなものか。
 



f:id:nasuno_totteoki:20190218193556j:plain
 
「戦国城郭」 
ワープステーション江戸茨城県つくばみらい市)パンフより



もう1つ。忠清は恥ずかしがらないということ。


忠清はちょっとした「秘め事(?)」のとき、傍らに人がいても平然としている。『それがなにか?』という顔をする。

逆に、見た方が少し慌てる。


そんなシーンで思い出すのは、現代の速川家にて。


忠清が唯の写真に見入っているとき、尊がドアを開けて入ってくる。忠清は写真を見ていたことを隠そうとするか、あわてて説明するかと思ったら、なんのリアクションもなかった。

極めて静かに写真立てを棚に戻した。


戦国武将の心構えであろうか。

一国の総領として、幼いころから家臣にかしずかれて育った。身の回りの世話はほとんど全てやってもらってい た。どんな行動も家臣などの見ている公の場所で行う。

そうなると、いちいち、恥ずかしがってなんかいられない。恥ずかしいという感情を知らずに大きくなった……のだろうか?


(つづく)
 
 #アシガール #伊藤健太郎 #黒島結菜

アシガールNHKドラマ関連記事


第1回ー1「見参!戦国女子高生」登場人物

第1回ー2「見参!戦国女子高生」

第2回「若君めざして一直線!」

第3回「若君といざ出陣!」

第4回「ドキドキの夜!」

第5回ー1「走れ!初デート」

第5回ー2「走れ!初デート」

第6回ー1「平成に若君キター!」

第6回ー2「平成に若君キター!」

第7回ー1「待ってます戦国で!」

第7回ー2「待ってます戦国で!」

アシガール「続編スペシャルの制作開始!」

第8回ー1「満月よ!もう少しだけ」

第8回ー2「満月よ!もう少しだけ」

第9回ー1「せつないラストチャンス!」

第9回ー2「せつないラストチャンス!」

第10回ー1「その結婚ちょっと待った!」

特集ドラマ「アシガールSP」!!! 12月24日

第10回ー2「その結婚ちょっと待った!」

第10回ー3「その結婚ちょっと待った!」

第11回ー1「走りぬけ!愛のために」

第11回ー2「走りぬけ!愛のために」

「アシガールSP」まで あと1時間とちょっと !!!!!

最終回 ー1「若君といつまでも!」

最終回 ー2「若君といつまでも!」

最終回 ー3「若君といつまでも!」

「健太郎のオールナイトニッポン0」2019年1月19日放送

最終回 ー4「若君といつまでも!」